ホーム>スタッフブログ>側湾症ってよくなるの?静岡市葵区の整体院、からだ回復センターさくら堂、院長からのお話だ!静岡市 整体 葵区 口コミ 側湾症
スタッフブログ

側湾症ってよくなるの?静岡市葵区の整体院、からだ回復センターさくら堂、院長からのお話だ!静岡市 整体 葵区 口コミ 側湾症

側湾症

 

静岡市葵区の通い易い整体院、口コミNo.1の!

 

からだ回復センターさくら堂からおはようございます!

 

いんちょうの望月裕介です!

 

さて

 

今日は側湾症についてお話致します!

 

近年、成長期にあたる、子どもに脊柱側湾症が爆発的に増えています。

 

小学校によっては検査をするところもあり、多いところではおよそ、20%近くの子どもが側湾症と診断されています。

 

成長期に起こりえる、側湾症は「特発性側湾症」 と言い、はっきりとした原因は解明されていません。

 

そして側湾症の大部分を占めるのがこの特発性側湾症です。

 

おおよその原因と考えられているのは、変な体制での長時間ゲームなどをした事がキッカケになり、歪んでいってしまった。

 

簡単に言うと姿勢を悪く長く過ごしてしまったためです。

 

しかし

 

現代社会において実は側湾症の方は大変多くいらっしゃいます。

 

鏡を見た時、肩の高さがはっきり違うと自分でわかる場合、すでにプチ側湾症です。

 

側湾症は今まで、というか現在も発見が大変遅れる場合が多く。

 

周囲の方に気づかれ、病院に受診をし、発見される場合が大部分を占めています。

 

そのため、発見された時には、かなり進行している事があり、手術を勧められる場合もあります。

 

側湾症の症状

 

側湾症とは脊柱(背骨)が大きく湾曲してしまう症状で、ひどくなければ、自覚症状はほとんどないでしょう。

 

ひどくなるにつれ、首や背中、腰が痛くなったり、息苦しさほ感じ、足が辛い、歩くのが大変、すぐに疲れる。

 

場合によっては、手足にシビレなど、他の症状を併発する事もあります。

 

側湾症、自宅でできる簡単検査

 

側湾症は自宅でも簡単に検査できます。

 

ひどい場合ははっきりわかります。

 

自分で見るより、ご家族、もしくは他の人に見てもらう事をおすすめします。

 

まず

 

立位検査、単純に鏡の前に立ち、肩の高さが違うか見ましょう。

 

この時点ですでにプチ側湾です。

 

次に、肋骨の位置を確認します。

 

一番下の肋骨に指をあて、高さ、前後まで確認できればみてみましょう。

 

そして

 

前屈検査

 

前屈をしたとき、側湾症の場合、左右どちらかにかなりの膨隆、ふくらみがはっきりとわかります。

 

この前屈検査で膨隆が確認された場合、ほぼ間違いなく側湾症と言ってよいでしょう。

 

側湾症はよくなるの?

 

側湾症は重度の場合、完全に元通りにはなりません、手術をした場合でも同じです。

 

プチ側湾症の場合は完治は可能です。

 

重度の場合でも、痛み等の症状の改善や、限りなく、元の近い状態に近づける事は可能です。

 

側湾症は早期発見、早期治療が一番です。

 

少しでも、カラダに歪みが感じられたら、すぐにご相談ください。

 

成長期のお子さんをお持ちのの方、すぐにお子さんのカラダを見てみてください。

 

重度の側湾症の方、お悩みでしたらすぐにご相談ください。

 

さくら堂のYouTubeチャンネル、Sakura堂TVはこちら!

201412137746.PNGのサムネイル画像

========= 対応症状 ===========

頭痛、めまい、自律神経失調症、花粉症、頭がぼーっとする、寝違い、ムチウチ症、目の疲れ、顎関節症

不眠症、首をひねると痛い、耳鳴り、頸椎椎間板ヘルニア、顎の歪み。

 

更年期生涯、生理痛、妊娠中の腰の痛み、産前産後の体調不良。

 

股関節症、膝に水が溜まる、正座ができない、正座すると足が痛い、歩くと足首が痛い、あぐらをかくと足の付け根が痛い

足が重い、足が痺れる、成長痛、階段の上り下りで足が痛い、オスグット症、痛風、偽痛風、変形性膝関節症、変形性股関節症

足のむくみ、膝が痛い、歩行困難、捻挫の痛み。

 

O脚・X脚、骨盤の歪み、猫背、全身の調整、からだの歪み、顔・手足のむくみ、手足が痺れる、顔の変形、痩せたい。

 

四十肩、五十肩、肩こり、腱鞘炎、狭窄性腱鞘炎、石灰沈着、肩・肘の痛み、呼吸をすると胸・背中が痛い

脊柱側弯症、脊柱間狭窄症。

 

椎間板ヘルニア、滑り症、慢性・急性腰痛、カラダを捻ると、反ると腰が痛い、寝返りをうつと背中、腰が痛い、坐骨神経痛、ギックリ腰。

 

冷え性、リウマチ、うつ病、自律神経失調症、動機、息切れ、不安感、全身倦怠。

 

 

 

 

 

 

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.lifecare-innovation.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/58

ページ上部へ